home > よくある質問

よくある質問

Q.【食品検査】1回の検査に何g必要ですか?
A.

検査項目(数)によりますが、50g程度です。

Q.【食品検査】検査はすぐにやってもらえますか?
A.

当日受付、当日検査を基本としています。

Q.【食品検査】多検体ですが、割引はありますか?
A.

検査項目、検体数をお知らせ下さい。御見積させていただきます。

Q.【腸内細菌検査】報告書は他に提出しても大丈夫ですか?
A.

当社は登録検査所ですので、問題ありません。

Q.【腸内細菌検査】1つの培地で何人も検査する方法ですか?
A.

検査精度管理上、1つの培地で複数の方を検査することはありません。

Q.【腸内細菌検査】採取はどのように行う方法ですか?
A.

採便管を用いて行います。綿棒で便を採取していただくイメージです。

Q.【腸内細菌検査】体調不良(下痢)の時の検査は出来ますか?
A.

採便管で採取していただければ検査可能です。

Q.【ノロウィルス検査】検査はすぐにやってもらえますか?
A.

当日受付、当日検査を基本としています。

Q.【ノロウィルス検査】多検体ですが、割引はありますか?
A.

検体数をお知らせ下さい。御見積させていただきます。

Q.ノロウィルス(RT-PCR法による)とありますが、RT-PCR法とは何ですか。
A.

RT-PCRとはRNAからDNAを増幅する遺伝子工学的手法の一つです。

培養法が確立されていないため、ノロウイルスの検出には遺伝子検査法が実施されていますが、ノロウイルスのRNAをDNAに転換した後に、転換したDNAを増幅するRT-PCR法がもっとも普及しています。

PCRは、DNAから一部分だけをDNAポリメラーゼという酵素を利用して約100万倍まで増幅する方法ですが、この方法ではRNAからは遺伝子を増幅することができません。そのため、RT-PCRは、PCRを行う前にRNAからDNAへ逆転写(RT)する手順を加えることで、RNAからの遺伝子増幅を可能にした手法です。


Q.どうして、JFEグループで食品衛生調査を行っているのですか
A.

JFEグループでは多くの製鉄所を抱えており、当然その保守管理の一環として社内食堂などの食品衛生管理も非常に大事なこととして必要になります。実は、JFE東日本ジーエスが、このような周辺事業を支えてきた会社のひとつなのです。

1960年、日本鋼管株式会社(現JFEスチール株式会社)が京浜製鉄所向けの工場弁当や寮給食などの衛生管理のために社内に食品衛生管理機構を組織し、検査を開始したのが始まりです。

食品衛生調査の会社としては、ピンと来ないかもしれませんが、その業務実績はJFEグループを支えてきた企業として、高く評価されております。

ページの先頭へ戻る